検索

技術を磨く

子供のサッカーの練習には広いサッカー場よりフットサルコートが向いています。通常より狭い場所で、目の前の相手にボールを取られないようにドリブルをする、体を入れ替える、フェイントをするという練習を繰り返すことによりサッカーを上達する上で必要な足元の技術が身につきます。

また、数ある練習方法の中でも基本とも言えるのがボールタッチです。ドリブルやパスを含めボールを足で扱うサッカーにおいてスムーズなボールタッチは欠かすことのできない技術の一つになります。技術の向上はボールに触れる時間の長さに比例するため、できる限り毎日ボールに触れる機会を作ることが大切です。練習方法は主に足裏で転がして感覚を身に付ける方法で、これらは自宅の限られたスペースでも行うことができます。タッチが上手くなると実践で必要となるドリブルの速さやフェイントなどの技術も合わせて上達していくのでおすすめです。

ボールタッチと同様にサッカーの練習で重要となる物としてリフティングが挙げられます。実際の試合で何度もリフティングをするような場面が訪れるケースは少ないことから、一見すると意味のない練習のように思えるかもしれません。しかし、リフティングが上達するとボールを思い通りにコントロールができるのはもちろん、味方からのパスを受けた時に体のどの場所でもミートできるようになるのです。一流サッカー選手の多くがリフティングの技術が高く、日々の練習の中に積極的に取り入れています。リフティングは触れる部位にこだわらず回数をこなすのを目標にするのがコツです。


114回の閲覧
スペインサッカー留学
  • Hexa Twitter
  • Instagram

© 2020  by Hexa Managemnet K.K

​*Spain Football Project