図4.png
IMG_3357.JPG

マヌー・デル・モラル(写真左)

エクサSAグラナダ校 代表

​スペイン代表暦

2002-2003 スペイン U-19

2002-2003 スペイン U-20

2005 スペイン U-23 

2011 スペイン代表

本名  Manuel del Moral Fernández

カタカナ  マヌー・デル・モラル

ラテン文字  MANU del Moral

国籍 スペイン

生年月日1984年2月25日(37歳)

出身地アンダルシア州ハエン県ハエン

a.png

エクサSA スペイングラナダ校

2022年4月開校 ! 

10歳〜18歳の優秀なサッカー選手(男女)

かつてイスラム王朝グラナダ王国の首都があったグラナダ。フラメンゴ発祥の地、グラナダ。

様々な文化が混ざり合うエキゾチックなこの地にサッカーを愛するお子様たちが低料金で世界最高峰、スペインパスサッカー

と語学を学び、真の国際人になるための 長期滞在者(6ヶ月以上)向け エクササッカーアカデミーグラナダ校を開校します。

日本にいては世界に通用するサッカー選手にはなれない!

【育成コーチのレベルの問題】

育成コーチの経験値とレベルが低くサッカーを知らない人が指導をしている → (ドリブル突破でゴール)が上手なサッカー選手だと勘違いしている指導者も多い。スペインの子供達は小さい時からサッカー理論と戦術を徹底的に教えられ、その知識に試合経験から積み重ねてきた自分の判断値を加え試合中の異なった状況下でも最善のプレーを選択する。

                

【昔ながらの叱る指導】

理由も説明もせずにただ怒鳴る、叱る。怒るだけの指導が未だに罷り通っている→ 子供達がコーチに叱られないサッカーしかできなくなる。試合中相手ではなくコーチの目ばかりを気にしてビクビクしている子供たちを多く見かける。これはもはや本来楽しむべきジュニアサッカーではなく道場サッカーである。

【子供の個性を殺す指導】

戦術や理論の説明もなしにコーチの考えを押し付ける→コーチの指示に沿わない自分のプレーは否定され叱られるので子供たちは自分の頭で判断するサッカーをしなくなる。皆が右へ倣えで創造性も個性も伸びるはずもない。

【試合では使えない練習】

頭を使わない単純なドリル練習の反復が多く賢い選手が育たない→サッカーはチームスポーツであり味方とのパス交換、スペースへの動き出し、DFを引きつける動きをしながら如何に相手ゴールまでボールを運ぶかというゲームであり、小さい時からそれらの動きを学ぶ必要があるが、止まったコーン相手のドリル練習を何千回繰り返してもサッカーの試合では使えない。日本人選手が1人でドリブル突破して屈強な相手DFを何人もかわしゴールできるほど世界のレベルは低く無い。

【ワンパターンの試合運び】

指導者が状況変化に対応でき無い型にはまったサッカーしか教えられない→日本の指導者や選手は試合中の相手フォーメーションの変更、前選手と交代選手の動きや特徴の違い、点差など試合中の状況変化に的確に対応できない。常に決まった形で決まったリズムでしか試合を運べない。

【語学の習得無し】

語学力が全く身につか無い→日本にいては英語もスペイン語も身につかない。小さい時から語学を習得することは将来海外でサッカー選手として成功するためには絶対に欠かせない。さらに、語学の習得、外国人とのコミュニケーションは人間としての知識の奥深さを育み、子供達の将来の選択肢/人生設計の幅もを大きく広げる事になる。

a.png

エクサSAスペイングラナダ校

10歳〜18歳の優秀なサッカー選手(男女)向けサッカーアカデミー

経験豊富なUEFA(欧州サッカー連盟)コーチ陣の下、子供達は
世界最高峰、スペイン育成システムで以下を学びます。

  • 戦術と理論

  • 瞬時の状況判断力
    素早いパス回し

  • 体の大きい相手とのデュエル

  • 高インテンシティー下の試合運び

  • ​試合でのポジショニング

  • スペイン語 & 英語

  • ​チームメートとのコミュニケーション能力

  • ​コーチ陣との対話能力

なぜグラナダなのか?

  1. ラリーガ1部、グラナダCF関連チームに優秀なサッカー選手を入団させられるルートがある。

  2. グラナダCFとも関係するスペイン1部〜4部のジュニア、ジュニア・ユース、ユースチームとFCエクサとの提携により、エクサSAグラナダ校の生徒は週に3回それらのチーム練習に参加できる。また、希望者はそれらのチームに選手登録をし登録が認められた場合は週末の公式戦に出場できる。

  3. FCエクサヘッドコーチ、フリオの実家があり、フリオの親兄弟親戚の全面的バックアプをもってお子様たちが安全に自分の街のように快適に滞在できる

  4. ほぼ無料の公立校が近くにあり、お子様たちが安全に安く小学校、中学校、高校に通える。

  5. 物価がマドリードやバルセロナより安い。

  6. 安全で犯罪率も低く、住人が皆親切である。

  7. リゾート地である。綺麗なビーチや公園も間近にあり休日はお子様たちがリラックスできる環境にある。

滞在場所は

フリオコーチ実家近くのシェアハウス(一戸建、4LDKに原則6人づつ滞在します。それぞれのシェアハウスには1名の23歳以上の日本人選手/コーチがお子様の世話を兼ねて滞在します。(女子の場合はフリオコーチの実家に滞在する場合があります。)食事は担当の家政婦が毎日来て準備します。(日曜日はフリオ コーチの実家に集まり食事を摂ります)洗濯、掃除は家政婦が基本毎日行います。また、フリオコーチのご両親がお子様たちの総責任者(スペインでの身元保証人)としてお子様たちの日々の面倒を見させて頂きます。

学校は?

定員に空きがある以上、滞在場所至近の公立小学校、中学校、高校にほぼ無償(教科書代のみ)で通えます。小学校の必修科目はスペイン語、算数、理科、社会、音楽、図工、体育、英語で、図工など教科によっては英語で教えられるものもあります。スペインでは英語とスペイン語のバイリンガル教育が主流となっています。

スペイン教育システムは以下になります。尚、スペインでの学年分けは同年の1月〜12月の誕生日の方が同学年となり、新学期は9月始業です。

I.E.S Julio Rodriguez (小学校〜高校一貫教育)ホームページを見る

小学校

Educacion primaria

1年6-7歳 2年7-8 3年8-9 4年9-10 5年10-11 6年11-12

中学校

Educacion secundaria

1年12-13歳 2年13-14 3年14-15 4年15-16

高校

Bachillerato

1年16-17歳   2年17-18

​日本の学校への編入、受験資格は?

日本での義務教育期間、スペインの学校に通っていたお子様が日本に帰国された場合、公立小学校、中学校に随時入学ができます。私立受験をお考えの方は、受験されるそれぞれの学校の帰国子女受験資格をご確認ください。

帰国子女枠を使った高校受験につきましては各高校により受験資格が異なりますが最低以下をクリアしている必要が有ります。

帰国生入試を受験するための条件は、主に次の2つ。 既に海外・日本国内合わせて9カ年の学校教育課程(小学・中学課程にあたるもの)を修了している、または入学年の3月末日までに修了見込みであること。 海外の学校に継続して在籍した年数(継続在籍年数)が一定以上あり、帰国日から受験する日までの年数が経過しすぎていないこと。

​日本で帰国子女枠大学受験資格につきましてはそれぞれの大学にお問い合わせください。

​1週間のスケジュールは?

  • 日曜日 OFF

  • 月曜日朝:学校 夕方 エクサSA練習

  • 火曜日朝:学校 夕方 スペインチーム練習参加

  • 水曜日朝:学校 夕方 スペインチーム練習参加

  • 木曜日朝:学校 夕方 エクサSA練習

  • 金曜日朝:学校 夕方 スペインチーム練習参加

  • ​土曜日朝:エクサSA練習 夕方 試合

年間練習スケジュールは?

  • 2022年 1期:4月初旬〜6月末 2期:8月中旬〜12月中旬

  • 2023年以降 1期:1月初旬〜6月末 2期:8月中旬〜12月中旬

​※練習が無い期間は一時帰国可

​滞在料金は?

  • 通常料金 25万円/月 日本一時帰国時 2万円/月(シェアハウス管理費)

  • 特待生B     20万円/月 日本一時帰国時 2万円/月(シェアハウス管理費)

  • ​特待生A     15万円/月 日本一時帰国時    2万円/月  (シェアハウス管理費)

​※3ヶ月毎の前払いとなります。

​料金設定/特待生A,Bとは?

  • 特待生A:日本でのセレクションで特待生Aに合格した方、および、スペイン、アンダルシア州1部ジュニア・ユースチームに入りレギュラーとして公式戦に出場される方-特待生A料金適用

  • 特待生B:日本でのセレクションで特待生Bに合格した方、および、スペイン、アンダルシア州1部ジュニア・ユースチームに入団し公式戦ではリザーブが主な方、または、2部でレギュラーとして公式戦に出場される方-特待生B料金適用

  • ​上記以外の方:通常料金適用

​滞在料金に含まれるものは?

  • 学生ビザ取得料金(必要書類は申請者様がご用意ください)

  • 宿舎費​

  • 食費(3食/日) + 簡単なスナック、フルーツ

  • 健康保険費用(診察、治療、薬処方、手術、入院、歯医者をカバー)

  • アカデミートレーニング費用

  • スペインチームトレーニング費用、選手登録、公式戦出場費用、ユニフォーム費用

  • 練習、学校送迎費用